第118回定期演奏会 広島公演

演奏会の詳細はこちら

チケットはこちら

この冬、立響は広島へ。

70周年に向け、立響は新たなステップを踏み出した。

携えていくのはブラームスとラフマニノフ。

 

「国内最高水準のオーケストラ」

 

もちろんプロには劣るだろう。

しかし、

学生オーケストラにしか創れない音楽がある。

立響にしか創れない感動がある。

 

その感動の裏には、たくさんの笑顔がある。

すべては、ひとりでも多くのお客様に届けること。

 

なぜ広島へ?

中国地方最大の都市、広島。

『国内最高水準の学生オーケストラ』を目標に、立響未踏の地、広島に決めました。

Piano 森麻衣子

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番という難曲に、立響と共に

Joint Concert

ジュニアオーケストラとのジョイント