感染症対策

立命館大学交響楽団では、大学の規定に則り十分な感染症対策を行ったうえで活動しています。

京都府事前相談チェックリスト

ご来場のお客様は必ずお目通しください。

楽団内PCR検査

11月、12月と2回のPCR検査を実施し、第126回定期演奏会出演者全員の陰性が確認できました!

 

普段の練習でも感染症対策を徹底していますが、より練習環境の安全性を高いものにし団員も安心して活動できるように、2回のPCR検査を実施しました。

出演者全員の陰性が確認できましたので、本番ご来場いただくお客様にも安心して演奏を楽しんでいただければ幸いです。

また、本番当日の感染症対策もこのページにて公開致します。ご来場いただく皆様に安心して来ていただけるよう、より一層の対策をして参りますので何卒よろしくお願いします。(12月7日、追記) 

第126回定期演奏会 感染症対策

定期演奏会開催にあたり、楽団でも独自の基準で感染症対策を行っています。

練習での感染症対策

お客様に安心してご来場いただけるよう、日々の練習から当楽団では感染症予防を心掛けています。